妊娠・出産でシミやそばかすが増える?

妊娠・出産でシミやそばかすが増える?

しみ,そばかす,妊娠,出産

 

妊娠や 産後しばらくして気が付いたらしみやそばかすが増えていた、という方は少なくありません。

 

妊娠は女性ホルモンのバランスが一時的に急激に変わる時期です。

 

そのため ホルモンバランスが原因の肝斑というシミに似たものが出やすくなります。

 

肝斑は薄くて大きく広がるしみ状のもので左右対称に出やすいことで知られています。

 

肝斑ができると とても気になるものですが、出産後しばらくしてホルモンバランスが通常に戻ると 薄くなり気にならなくなってゆきます。

 

ですので 妊娠中でしたらまずは様子を見ること、産後も気になるようでしたらかかりつけの医師に相談してみましょう。

 

通常はトラネキサム酸という成分配合の飲み薬での治療となります。

 

この飲み薬は市販もされていますし、シミ用のクリームでのケアもできます。

 

詳しくは当サイト内 肝斑のケアもシミの塗り薬で をご参照ください。

 

 

産後にシミが増えやすくなる理由とケア方法について

 

しみ,そばかす,妊娠,出産

 

産後になってしみやそばかすが増えてしまい、ずっと残っているという方も多いのです。

 

こちらの場合は、ホルモンバランスではなく、紫外線による影響によるものでしょう。

 

というのも、産後すぐは 赤ちゃんのお世話などでご自分のお肌のお手入れがなかなか思うようにできないもの。

 

お肌が乾燥しているのに加えて 授乳などで寝不足が続くことで肌コンディションが一時的に悪化してしまいます。

 

こういった際にうっかり紫外線に当たることで しみがとてもできやすくなるのです。

 

産後しばらくは ほとんどの時間を室内で過ごしていたのに・・・という方も窓ガラスを通して紫外線をしっかり浴びていることがあります。

 

このようなことが原因で 産後はシミが増えやすい時期と言えるのです。

 

 

かといって 産後すぐに 毎日保湿ケアをしっかりして、日焼け止めも塗って、そしてUVカットカーテンも閉め切って・・・・

 

すべてを一度にこなすのは なかなか難しいものがありますよね。

 

ですので 授乳サイクルなどに慣れて しみが増えてしまった!と気づいたその日からでいいので できる範囲での紫外線対策を始めるようにしましょう。

 

 

そして 赤ちゃんとお散歩するようになると しみやそばかすが増えやすくなります。

 

というのも 産後はすっぴんで過ごすことに慣れてしまい、外出時にUVケアがかなり緩くなってしまうという方も少なくありません。

 

公園などにおでかけする際には日焼け止めや帽子などをしっかり使ってお肌を守るようにしましょう。

 

赤ちゃんのことを考えると できるだけお肌に優しい日焼け止めやメイク製品を使いたいという方もいるでしょう。

 

最近では無添加のファンデーションで UVカット機能のついたものもありますので、このようなもの使ってみることをおすすめします。

 

また、市販の美白クリームの大半は授乳中なども安心して使えるものが多くなっています。

 

上手に活用して ケアをしてゆきましょう。