シミ状のニキビ跡のケア

シミ状のニキビ跡のケア

しみ,ニキビ跡,色素沈着

 

ニキビがやっとおさまったと思ったら 跡が残ってしまい、シミのようになることがあります。

 

ニキビはお肌にとって炎症。

 

炎症による刺激で色素沈着してしまったものが シミ状となるのです。

 

怪我をしてしまった箇所にも色素沈着はできやすいのですが、原理は同じです。

 

ニキビ跡の場合 急に色素沈着してしまうのではなく、赤いニキビ跡として残り、その後茶色くシミ状になるという場合もあります。

 

 

 

この茶色いシミ状のニキビ跡、実はメラニン色素が出来ている状態なのです。

 

ですので、通常のシミのケアと同様に 塗り薬や美白成分入りのクリームなどでケアができます。

 

使い方も 気になる箇所にピンポイントで塗るという使い方ができます。

 

おすすめはハイドロキノンやアルブチンといった美白成分配合のクリームですが、お肌のターンオーバーの正常化対策のためにもビタミンC配合の化粧水などでのケアも合わせて行うことをおすすめします。

 

 

ニキビ跡ケアには紫外線対策も

 

しみ,ニキビ跡,色素沈着

 

シミ状のニキビ跡のケアをする際に気を付けたいのが紫外線対策です。

 

色素沈着してしまった箇所に紫外線を浴びてしまうことで さらに濃くなったり、ケアするのに時間がかかりやすくなります。

 

ですので 日中は日焼け止めやUVカット機能のファンデーションでしっかり対策するようにしましょう。

 

 

ニキビ跡も 赤く残り、徐々に気にならなくなるというタイプのものがあります。

 

このタイプのニキビ跡も、紫外線の影響で色素沈着し シミ状のニキビ跡として残りやすくなります。

 

ですので ニキビでお肌にトラブルが発生した場合は 紫外線対策を忘れないようにしましょう。

 

ニキビでお肌が敏感になっており日焼け止めを付けるのはちょっと・・・という場合は 日傘や帽子などを活用するようにしましょう。

 

 

ニキビ跡がシミ状に残りやすい、という方は ニキビそのものをできにくくし、化膿しにくくするケアも必要です。

 

思春期ニキビと違い、大人ニキビは毛穴に残った角質汚れが原因と言われています。

 

ですので お肌に刺激にならずに毛穴をしっかり洗うケアも必要になってきます。

 

また、睡眠不足や偏食といった生活スタイルは 体に負担をかけ、ニキビが化膿しやすくなる原因の一つとなります。

 

お野菜中心でビタミンたっぷりの食事、早めに眠ることを心がけるなどしてニキビ対策をしてゆきましょう。