シミそばかすが気になる時のメイク

シミそばかすが気になる時のメイク

しみ,そばかす,メイク

 

しみやそばかすがとても気になる時は、メイクをどうしたらよいのか迷ってしまいますよね。

 

塗り薬でケアをしていても ある程度の期間が必要になります。

 

その間にメイクをする際に しっかりカバーしようとして 逆に失敗してしまうこともあるのでは?

 

 

普通のファンデーションを厚塗りしたら いかにも・・・という仕上がりになってしまったり、すぐに崩れてしまったり。

 

 

一時的にファンデーションを厚く塗ってカバーしても、崩れやすくなっては意味がありませんね。

 

 

しみやそばかすが目立って気になる時のメイク方法についてご紹介しましょう。

 

 

カバー力が高いファンデーションを使う

 

しみ,そばかす,メイク

 

今のメイクでどうしてもシミやそばかすが目立つ、という方はカバー力の高いファンデーションを活用することをおすすめします。

 

カバー力のあるファンデーションというと 塗り込むタイプのリキッドファンデーションもありますが、厚塗り感が出てしまいがち。

 

そこでおすすめしたいのが 微粒子入りのファンデーション。

 

微粒子には 光を反射する働きがありますので、厚塗りしなくてもシミやそばかすが目立たなくなります。

 

また、光を反射するため、紫外線も粒子がはね返してくれるので UVカット機能も期待できます。

 

ファンデーションそのものにUVカット機能があれば メイク直しをするたびに紫外線対策がしっかりできて一石二鳥。

 

この微粒子入りファンデーションですが、パウダーファンデーションタイプだけでなく、リキッドファンデーションもあります。

 

また、粒子が細かいミネラルファンデーションも 似たような効果が期待できます。

 

ファンデーションは メーカーによって仕上がり感がマット感あるいは、ツヤ感が出やすいなどの差があります。

 

リキッドタイプでも 重くならずに使えるものもありますので、まずはいくつか試してみてシミやそばかすへのカバー効果を確認してみてはいかがでしょうか。

 

最近では 紫外線対策だけでなく 美白効果のある微粒子入りファンデーションも発売されています。

 

 

シミそばかすのカバーとコンシーラー

 

しみ,そばかす,メイク

 

スポット的に濃いシミがあり気になる、という場合は コンシーラーも活用してみましょう。

 

と言っても、コンシーラーも広範囲につけてしまうと 厚塗り感が出てしまいがちなので注意が必要です。

 

コツとしては、シミの部分にだけ使うこと。

 

そしてコンシーラーは白浮きしやすいので ファンデーションよりも気持ちワントーン暗めのものを使ってなじませるほうが自然な仕上がりになります。

 

 

このほかに カバー力の高い下地を使う、という方法もありますが、ものによってはお肌に圧迫感が出やすかったり 負担となるものもあります。

 

また、下地にファンデーションと塗り重ねることで 崩れやすくなることもあります。

 

こういった点を気を付けるようにしましょう。

 

 

最近は 下地と日焼け止めとファンデーションがすべて一体化したオールインワンタイプのファンデーションも増えています。

 

そういったもので 微粒子入りタイプのものでしたら薄付きでヨレにくく使えてシミやそばかすが目立たなくなると人気になっています。

 

がっつりカバーをして隠したい、という時でも まずはパウダー効果を狙って薄付きメイクを試してみましょう。

 

また、メイクをしているから、と油断せずに 帽子や日傘なども活用して紫外線対策をしてゆきましょう。