シミのようなお肌の黒ずみ対策

シミ状のお肌の黒ずみ対策

シミ,黒ずみ

 

シミは紫外線の影響でできるものが大半ですが、紫外線が当たらない箇所でも いつの間にかシミのようにお肌が黒ずんでくる場合があります。

 

例えば わきの下やビキニライン、膝やひじなどがこのような黒ずみができやすい箇所として知られています。

 

このような箇所は 下着や洋服などで摩擦が起こりやすく、ひじをついたり 膝をつくことが多いと圧迫されることが刺激となり黒ずみができやすいのです。

 

わきの下の場合は ムダ毛を剃刀などで自己処理する際に表皮を傷つけてしまったり 制汗剤の使いすぎなどで刺激となったりして黒ずみになりやすい箇所です。

 

いずれの箇所も 黒ずみを放置しておくと お肌が汚れているように見えて不潔感が出てしまいがち。

 

ミニスカートを履くのをためらうなど おしゃれの選択肢が狭まるだけでなく、海やプールに遊びに行っても思いっきり楽しめないなど 色んな問題が出てきます。

 

お肌の一部が黒ずんでくると ボディスクラブなどでゴシゴシと洗うという方もいますが、これは さらにお肌が黒ずんでくる原因になってしまうので注意が必要です。

 

 

黒ずみは原因を取り除いてからのケアを

 

シミ,黒ずみ

 

黒ずみは お肌への刺激でお肌にメラニン色素ができている状態。

 

摩擦や表皮への刺激などで メラニン色素ができてしまい、その箇所のお肌が黒ずんでくるのです。

 

メラニン色素ができていますので、美白成分配合のシミ用クリームなどを使ったケアはとても有効です。

 

ですが、例えば、下着のしめつけなどが原因でビキニラインに黒ずみができている、というような場合には 下着を別なものにするなど原因を取り除くことが第一です。

 

まずはお肌を清潔に保ちながら 保湿をし、美白成分入りのクリームなどでケアするのです。

 

黒ずみは 紫外線によるシミと違い、お肌が何らかの刺激にさらされていることが原因でできますので、ハイドロキノンなどのパワフルな美白成分入りクリームは避けたほうがよいでしょう。

 

最近では 黒ずみのケア専用のジェルやクリームなどが市販されています。

 

このようなものでしたら、 脇の下なども刺激になりにくくケアできます。