美白成分ハイドロキノンについて

美白成分ハイドロキノンについて

美白成分,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは 皮膚科でのシミ治療で処方される塗り薬にも配合されていることが多く、とても効果的な美白成分として知られています。

 

ハイドロキノンは 出来てしまったメラニン色素に対して とてもパワフルな還元作用で知られています。

 

とても人気のある美白成分ですが、日本では2001年になってようやく市販の美白スキンケア製品への配合が認められました。

 

ですので ハイドロキノンの塗り薬というと 効果的だけど入手が難しい、などネガティブなイメージが付きまとうこともあるようです。

 

ハイドロキノンは 欧米ではかなり以前より美白コスメなどに配合されてきた歴史と実績がありますが、日本では長い間 医師の処方とされてきた理由に、刺激になりやすいという点があります。

 

ハイドロキノンは 作用がとても強い成分として知られていますが、その一方でお肌に赤みやかぶれなどが出やすい成分でもあります。

 

ですので 使用にあたり注意が必要な成分、とされており、心配な方は医師の指導のもとで使うほうがベターとされています。

 

 

ハイドロキノンは市販クリームと処方塗り薬どちらが良い?

 

美白成分,ハイドロキノン

 

ですが 市販のハイドロキノン配合の美白クリームに関しては 皮膚科処方の塗り薬とはいくつか違いがあります。

 

例えば 市販の美白クリームの場合、皮膚科処方の塗り薬よりもハイドロキノンの濃度が低くなっています。

 

ハイドロキノンそのものの濃度が低いということで 自宅でのセルフケアでも より安心して使えるようになっているのです。

 

また、人気のあるハイドロキノンクリームには、より刺激になりにくいように配合されていたり、よりお肌に浸透しやすいよう工夫されているものもあります。

 

その一方で お医者様の処方するハイドロキノン配合の塗り薬は、濃度が高く配合されているため より効果が実感しやすいだけでなく より刺激に感じることも多いと言えます。

 

ですので 経過観察なども含めて通院しながら使うというスタイルになります。

 

お肌が弱い方や敏感肌で心配という方は 皮膚科で診ていただいて処方してもらうのもよいでしょう。

 

ですが、市販のクリームと違い 皮膚科でハイドロキノンの塗り薬を処方してもらう際には 高額になるので注意が必要です。

 

というのも、シミの相談は原則として保険の効かない自由診療となるため。

 

塗り薬代の他に 診察代、処方箋代などですべてが自費になりますので 初診時には1万円程度が必要になることもあります。

 

詳しくは 当サイト内 しみやそばかすに効く塗り薬は処方してもらうべき? もご参照ください。

 

ハイドロキノンは市販のクリームでしたら このような診察代などはかかりません。

 

まずは一度試してみたい、という方は 市販のハイドロキノンクリームを試してみてはいかがでしょうか。