秋口にできやすいシミ対策

秋口にできやすいシミ対策

しみ,秋口

 

暑かった夏が終わり空気が秋めいてくると気になるのがシミ。

 

夏の間どう対策していても この時期にポツポツと出始めてしまうということで 秋が怖い!という方もいるほど。

 

この秋のシミですが、今からでも対策してゆくことで シミが目立ちにくくケアしてゆくことが可能です。

 

また、美白クリームも この時期ならではの選び方・使い方があるので じっくりご説明しましょう。

 

 

夏の紫外線ダメージにはまず保湿

 

しみ,秋口

 

夏場に日焼け止めや日傘でしっかりガード、といっても100%お肌をガードというのは かなり難しいものがありますね。

 

うっかりお肌に紫外線が当たってしまうことはちょくちょくあります。

 

でも お肌に紫外線が当たり、メラニン色素が作られてしまっていても、お肌がきちんと代謝を繰り返してくれていれば 徐々に薄く目立たなくなってゆきます。

 

ですので まずは代謝を正常化させるケアを心がけましょう。

 

それに必要なのは保湿です。

 

化粧水や保湿剤をたっぷり使って お肌を潤すようにしましょう。

 

その際に ビタミンCやアルブチンといった美白成分入りの化粧水を使うと より効果が期待できます。

 

秋口は 急激に空気が乾燥し、この肌代謝が さらに乱れやすい時期。

 

たっぷりすぎるくらい保湿をすることで 対策ができます。

 

 

シミは新たに作らない抑制ケアも

 

しみ,秋口

 

秋口になると ポツポツと薄いシミが出始めてしまい、それが徐々に濃くなってしまう、こんなパターンの方も多いのではないでしょうか。

 

シミは紫外線に当たることでさらに濃くなります。

 

ですので 当然ですが紫外線対策は 秋以降も行うことが重要になってきます。

 

そして その上で シミ用の塗り薬や美白クリームを活用するようにしましょう。

 

シミらしきものがうっすらとできはじめている、という状態なら シミのもととなるメラニン色素を無色化するのと同時に メラニン色素そのものができにくくなるよう抑制する働きのある美白成分であるアルブチン配合の化粧品がおすすめです。

 

アルブチンは お肌に負担となりにくい成分ですので 長期間活用できるという利点があります。

 

夏だけ、秋だけという限定的な使い方ではなく、通年利用することで 積極的なシミの予防にも使えます。

 

 

既に 濃いめのシミが浮き上がってきている、という場合には ハイドロキノン配合のシミの塗り薬の活用がおすすめです。

 

ハイドロキノンは効果が実感しやすい反面 お肌に負担となりやすいので、お肌に刺激になりにくいように配合されているクリームを選ぶようにしましょう。

 

シミが目立たなくなってきたら アルブチンなどのお肌に負担となりにくい美白成分入りのクリームに切り替えてケアを続けるようにしましょう。