しみそばかすの塗り薬

しみそばかすには塗り薬です

 

できてしまったシミやそばかす、何をつけてケアしようかと迷ったら、まずは塗り薬

 

皮膚科のシミ治療も 実は塗り薬が処方されています。

 

皮膚科処方の塗り薬には美白効果が高い成分が配合されているため、とても効果が実感しやすいことで知られています。

 

でも 皮膚科のシミの塗り薬を出してもらうには 診療代処方箋代もかかりますよね。

 

シミの相談でお医者さんにかかると 原則として 保険が効かない自由診療になります。

 

なので すごく効果が期待できるのに高くつく・・・・

 

 

でも安心してください!

 

しみそばかす塗り薬

 

 

この処方薬と同じ美白成分が配合されたクリーム市販されるようになりました。

 

もちろん診療代処方箋代などもかかりませんので、同じ美白成分の塗り薬を手軽に試すことができます!

 

しかも 1,000円台から しっかり試せます

 

当サイトでは しみそばかすの塗り薬と同じ成分の美白クリームや、話題の美白アイテムををランキングでまとめています。

 

しみやそばかすに よりしっかりとした効果を実感したい方は 参考にしてみてくださいね。

 

 

しみそばかす塗り薬ランキング

 

バナー原稿imp

アスタリフトホワイトの特徴

アスタリフトホワイトは あの人気のアスタリフトシリーズの美白ライン。

皮膚科のシミ治療でも使われ、刺激になりにくいことでも人気の有効成分アルブチンそしてビタミンC誘導体配合で お肌に優しく、しっかりと美白ケアができると いま口コミで大人気。

富士フイルム独自のナノ技術有効成分がより浸透しやすい、効果が実感しやすいと大評判。 保湿で定評のあるアスタリフトですので、乾燥しやすいお肌にも安心です。

独自の美容成分AMAや、アスタリフトおなじみのアスタキサンチンも配合で 気になるお肌のエイジングケア対策もできる優れもの。

今なら 1,000円(税別)送料無料で 手軽にお試しできます。

価格 1,000(税別)円
評価 評価5
備考 アスタリフトで効果的な美白体験
アンプルールの特徴

アンプルールなら 皮膚科のしみ治療でも使われるハイドロキノンを、点と面の両方からのダブル使いでシミに積極的にアプローチ。

アンプルールなら 刺激になりやすいと言われてきたハイドロキノンを独自の技術でマイクロカプセル化

安定して毎日使いやすいので 効果が実感しやすい美白クリームとして大人気。

今なら ハイドロキノン配合のクリームと美容液に 相乗効果が期待できる化粧水などが入ったトライアルセットで 手軽にお試しができます。

皮膚科のしみやそばかすの塗り薬と同じ成分を、最新のテクノロジーでいますぐ試してみませんか?

価格 1,890(税込)円
評価 評価4.5
備考 ハイドロキノンで強力美白体験!

フレキュレルの特徴

フレキュレルは そばかす専用の薬用クリーム

有効成分トラネキサム酸を中心に メラニンの抑制や排出サポート効果のある美肌成分を5種類も配合

そばかすは生まれつきだから・・・ファンデが濃くなるのは仕方がない・・・そう思っていた方の間で効果が実感しやすいといま人気上昇中!

オールインワンタイプなので 一つをお肌につけるだけで 保湿そばかすのケアが両方完了するので手軽さでもおすすめです。

価格 4,470(税別)円
評価 評価4
備考 集中ケアコース利用で返金保証・プレゼント付き

 

 

シミそばかすに効く塗り薬の成分について

 

しみ,そばかす,塗り薬

 

 

シミやそばかすに効く塗り薬の成分はメーカーによってさまざまです。

 

皮膚科のシミ治療で処方される成分で代表的なものに

 

ハイドロキノン

 

アルブチン

 

ビタミンC

 

このような美白成分があります。

 

これらの成分は医療機関で使われるだけあり 美白効果が実感しやすいことでも人気になっていますが、市販のシミ用クリームや美容液に配合されていますので、手軽に試してみることができます。

 

同じ成分のもので 迷うようでしたら、実際に使ってみてよりお肌にしっくりなじみやすいほうを使い続けることをおすすめします。

 

また、美白効果で有名なハイドロキノンは作用が強いため お肌に刺激になる場合があります。

 

市販のしみやそばかす用のクリームでは お肌に刺激になりにくいように配合されているものも増えていますので そういったタイプのものを使うようにしましょう。

 

また、アルブチンはハイドロキノンによく似た構造をしており お肌に浸透後に同様の働きをしますが お肌により優しい成分として知られています。

 

できてしまったシミやそばかす対策だけでなく予防にも使うという場合は アルブチンのほうがよりお肌に安心です。

 

しみそばかす塗り薬

 

また、このような美白成分の他に、メーカーが独自に開発した美白成分が配合された美白クリームなども発売されています。

 

このような美白アイテムの中には お肌が荒れやすい、敏感肌で従来の美白成分では刺激になりやすい、といった悩みを抱えている方でも使いやすいものもあり、人気になっています。

 

ランキングなどを参考に いくつかの種類を使い比べてみることをおすすめします。

 

美白成分については 当サイト内

 

美白成分ビタミンC誘導体

 

美白成分ハイドロキノン

 

美白成分アルブチン

 

こちらもご参照下さい。

 

 

シミやそばかす効く塗り薬の選び方

 

しみ,そばかす,塗り薬

 

シミやそばかすに効く市販の塗り薬の選び方をご紹介しましょう。

 

 

成分で選ぶ

 

しみやそばかすケア用の美白クリームに配合されている成分は、作用が強く人気のあるものから、敏感肌の方も使いやすいものまで メーカーによりさまざま。

 

それぞれの成分の特性などを良くチェックし、あなたのお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、美白成分には刺激となりやすいものもありますので、トライアルセットやお試しサイズなどから試すようにしましょう。

 

 

価格で選ぶ

 

市販のシミに効く塗り薬は、皮膚科で処方してもらうよりも とても経済的なのも魅力の一つ。

 

トライアルセットなどの価格だけでなく、続ける場合には現品がいくらになるのかなどもチェックしておきましょう。

 

続ける際に 割引制度や送料無料となるメーカーもありますので そういったメリットも活用しましょう。

 

 

ランキングで選ぶ

 

ランキングで上位のシミの塗り薬は シミやそばかすへの効果が実感しやすいだけでなく、お肌により安心して使える点などでも人気になっています。

 

迷ったら まずはランキングを参考に選んでみることをおすすめします。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

まずは トライアルセットなどをいくつか取り寄せて使い比べてみて、ご自分のお肌に一番合っていると思えるものを続けるようにしてみましょう。

 

 

 

手の甲や体のシミにも塗り薬を活用

 

シミやそばかすがあると お顔全体の印象に影響を与えてしまいますね。

 

でも、お顔ばかりに気を取られているとうっかり見逃しがちなのが ボディにできたシミ

 

手の甲にできたシミは目立ちますし、肩や背中にできてしまったシミはドレスや水着姿の時に気になるものです。

 

しみそばかす塗り薬

 

そのような体のシミにも 塗り薬でのケアがおすすめです。

 

特に手の甲は 全体的に薄く塗って、シミには重ねづけするようにしましょう。

 

お顔につけるのと同じ方法です。

 

肩や背中のシミには少し塗りづらいですし、衣服などについてしまう場合もあります。

 

ですので 夜にシャワーの後に塗るようにする、塗りづらい部分は家族に手伝ってもらう、外出前にはつけないようにするなどの工夫が必要です。

 

 

塗り薬と紫外線対策

 

シミやそばかすに効く塗り薬を使うようになったら 気をつけたいのが紫外線のケアです。

 

紫外線にお肌を無防備にさらすと お肌の奥にメラニンが出来やすくなります。

 

また、シミそばかす用のクリームなどを塗っているお肌は いつもよりも紫外線に敏感になりやすくなっています。

 

ですので お肌に直射日光が当たらないように注意することが必要です。

 

一番おすすめなのが日焼け止めを使ったケア。

 

しみそばかす塗り薬

 

日焼け止め乳液やクリーム、あるいは日焼け止め効果のあるファンデーションなどの活用です。

 

手軽ですが、一定量以上使わないと思ったような効果が実感できにくかったり 時間とともに落ちやすいので 定期的につけなおすなどの工夫が必要です。

 

ですので 女性なら 日焼け止め効果のあるファンデーションや、メイクの上から使える日焼け止めなども活用するようにしてみましょう。

 

日焼け止めが苦手という方や、メイク用品だけで紫外線ケアができるのか不安という方は 日傘や帽子などを使うようにしましょう。

 

紫外線ケアについては シミそばかすには紫外線対策も をご参照ください。

 

 

シミやそばかすは飲み薬でお肌の内側からのケアも

 

シミそばかすのケアは、外側から塗り薬を使うだけでなく、 内側からも飲み薬でケアができます。

 

飲み薬でシミそばかすのケアというとピンとこないかもしれませんが、飲み薬でお肌のターンオーバー、つまり代謝サイクルを活性化させてメラニンを古い皮膚と一緒にお肌から押し出す働きが期待できるのです。

 

クリニックでのシミやそばかすの治療でも 塗り薬だけでなく飲み薬も処方されることが多く、お肌の外側と内側からの両方のケアで より早い効果が期待できます。

 

 

しみそばかす塗り薬

 

 

最近は市販のシミそばかすの飲み薬でも 効果が実感しやすいものが増えて人気になっています。

 

本格的にケアをしたいと思ったら 合わせて使うことをおすすめします。

 

 

イボ状のシミはちょっと注意!

 

お肌がポツっと盛り上がって シミのように見えるものが いわゆるイボ状のシミ。

 

加齢とともに 顔や首回り、デコルテなどにできやすくなります。

 

イボは 老けた印象を与えやすいので 見つけたらすぐにケアをしましょう。

 

このイボ状のシミは メラニン色素ではなく、皮脂などが原因です。

 

ですので シミ用の塗り薬とは別のケアが必要になってきますので注意しましょう。

 

詳しくはコチラをご参照ください。

 

 

しみと間違えやすい肝斑

 

しみと間違えやすいものに肝斑があります。

 

薄い大きめのシミ状のもので、両ほほなどに左右対称に出てくるのが特徴です。

 

肝斑はシミと違い、原因がはっきりしていませんが 主に女性ホルモンバランスの影響で出ると言われています。

 

そのため、出産や更年期などに出やすく 数年すれば 薄く気にならなくなることがほとんどです。

 

それでも気になってケアしたいですよね。

 

肝斑には ハイドロキノン配合の塗り薬と トラネキサム酸という成分の入った飲み薬でのケアが効果的と言われています。

 

肝斑ができているお肌にはシミも混在してる場合がほとんどですので、気になったらまずはハイドロキノン入りの塗り薬で様子を見ることをおすすめします。

 

肝斑のケアについて詳しくは コチラをご参照ください。